1. ホーム>
  2. 取扱品目>
  3. ヘイノラ製材ライン

ヘイノラ製材ライン

フィンランドのヘイノラ社は、世界最先端の製材ラインを提供する製材機械メーカーです。ヘイノラ社は製材ラインの高度なオートメーション化を実現し、極限まで省力化・合理化した製材工場を可能にします。原木の形状認識を瞬時に行い、木取りパターンを最適化し、鋸を自動歩出しする自動制御による一連の製材システムは、製材工場の生産能力及び生産効率を向上させます。3Dスキャナー、チップキャンター、クォードバンドソー、プロファイラー、ロータリーギャングなど幅広い製品を取り揃えています。
ヘイノラ社のエジャーラインは、高精度な形状認識スキャナーを搭載し、背板処理を最適化します。最大350m/分の速度で送材することができます。またヘイノラ社が独自に開発したスキューシステムにより歩留りを更に向上させます。
当社はヘイノラ社が提供するヨーロッパ型製材システムを、日本の細かい製材に対応できるラインにしてお客様にご提案することが可能です。

ページの先頭へ